真菌とはカビ菌の一種です。この菌が原因となって感染する水虫などの厄介な皮膚病は、なかなか完治させるのが難しいことで知られていますが、現在では画期的な抗真菌薬が開発・販売されていますので、治療にお悩みの方はぜひ使ってみてください。

抗真菌で治せる病気や症状の種類

抗真菌薬というのは、真菌が感染したことが原因となって発症するような病気を治療するための医薬品のことを指します。真菌というのは、動物でも植物でもなく、学術的には独自の種類として分類される生物で、カビのなかまであるといえばイメージとしてはぴったりあてはまります。
これらの真菌による病気は、真菌症と一括して呼ばれていますが、真菌症の具体的な症状としては、皮膚が赤くなって炎症をおこしたり、かゆみが出たり、皮がめくれたりといったものが典型的で、場合によっては粘膜や内臓にまで感染をすることがあります。真菌は独自の構造をもっているため、抗真菌薬で治療をしたとしても、一般に症状が改善するまでにはかなり長引くことが多く、根気強い対処が求められます。
真菌症の事例としてポピュラーなものを挙げるとすれば、いずれも強い皮膚のかゆみが特徴の、水虫、たむし、カンジダなどがあります。水虫などは手や足の指やそのすき間といった、発症する場所が割合と決まっていて、似たようなところに発症する特徴がありますが、カンジダの場合は、同様に手指にできるものを皮膚カンジダ症と、口のなかの粘膜にできるものを口腔カンジダ症と、特に女性の性器にできるものを性器カンジダ症と呼んで区別しています。これらは抗真菌薬の塗り薬を直接患部に塗ることで治療することが多いといえます。
いっぽう、肺や脳、心臓などの内部の臓器に感染したものは深在性真菌症と呼ばれており、発熱や血の混じったたんが出るなどのさまざまな症状をもたらします。これらは抗真菌薬の注射、あるいは飲み薬タイプの抗真菌薬の摂取で治療をすすめることが多いようですが、いずれにしても医師のもとでの検査と診断が必須となってきます。
■初めての方にはこちらがおすすめ
ケトコナゾール
■抗真菌薬を含む薬で患部を清潔にしましょう
ニゾラール